事件概要
タイ中部ペチャブリ市内で2014年9月16日夜、自動車整備工場に勤務するチャルームポンさん(28)がバイクに乗っていたところ、首をナイフで切り裂かれた上、こん棒で殴られて死亡していた。
 チャルームポンさんは整備工場で働くかたわら、サッカー賭博の賭け金を胴元に届けるアルバイトをやっており、事件のあった夜は客の賭け金4万バーツを胴元に渡しに行く途中だった。チャルームポンさんの財布の中にあった500バーツはそのままだったが、4万バーツの入った封筒が消えており、警察はチャルームポンさんが金を運ぶことを知っていたサッカー賭博関係者の犯行とみて捜査を進めている。

返信を残す