2013年7月6日、バンコクで日本人が多く訪れるスクンピッド通りで50歳のアメリカ人男性がタクシーに乗車した。

乗客はタクシーのメーターが異常に早く回ることに気がつき、運転手を咎め、料金を払わずに下車したところ、
運転手がトランクからナタをとりだし、乗客を襲い殺害。

============================================================
タクシー運転手による犯罪は多発しているが、この事件は非常に衝撃的な事件。
メーターを使用しようとしなかったり、遠回りをするなど不正をするタクシー運転手は多い。

それに気がついて下車すると殺されてしまった。

個人的な経験では、この犯人が運転していたピンクタクシーに5回乗ったことがあるが、5回とも乗車した時は、必ず遠回りをされたり、目的地ではなところに連れて行かれたりという不正行為をされた。

今は決してピンクタクシーには乗らない。

返信を残す